トラガスのおすすめなファーストピアス【ゲージ/素材/サイズまで徹底解説】


芸能人やモデルにも愛用者が多いトラガスはヘリックスと並んで人気な軟骨ピアスです。

街中でも見かけることが増えてきたトラガスですが、軟骨ピアスなのでイヤーロブ(耳たぶ)と比べるとトラブルが起きやすい部位ではあります。

トラガスの形は人によって様々なので自分に取って、ピッタリのサイズを付けることでトラブルも減りますので、ファーストピアスを選ぶ際の参考にしてください!

病院で開ける場合にはファーストピアスがプランに含まれていることが多いですが、セルフで空けることも多いトラガスなので、この記事を参考に選んでみてはいかがでしょうか。

トラガスにおすすめのファーストピアスの種類


トラガスのファーストピアスにおすすめなのがサーキュラーバーベルです。

イヤホンの邪魔にならないためラブレットを付ける人が多いですが、トラガスは位置的に洗浄がしづらく、ラブレットだと円盤部分に汚れが溜まって不衛生になりやすいので、ファーストピアスにはおすすめできません。

またキャプティブビーズリングもありですが、付けるのに慣れていないと装着に手間取って刺激を与えてしまうので、慣れた人&工具をしっかりと揃えている人ならありだと思います!

トラガスにおすすめのファーストピアスの素材

ファーストピアス向けの素材
ニードルで開けた傷口に直接ピアスが触れるため、普段金属アレルギーがでない人でも注意が必要です。

以下の表を見てもらうとわかるように、金属アレルギーが出やすい金属とそうでない金属があります。

チタンとサージカルステンレス(316Lという種類のステンレス)が金属アレルギーが出にくいと言われています。

チタンは非常に硬いため、加工がしづらく、そのため価格も固くなってしまうので、サージカルステンレスがおすすめです。

ただ、チタンやサージカルステンレスでも絶対に金属アレルギーがでないことを保証するものではないので、体調や個人差によって金属アレルギーがでてしまう可能性はあるので、もしそうなったらすぐに使用を中止しましょう。

トラガスにおすすめのファーストピアスのサイズ

ノギス
軟骨ピアスは腫れることを前提に内径が大き目のピアスを選ぶことが重要です!

ゲージ:開けたホールのゲージに揃える

トラガスは面積が狭く、軟骨にヒビが入りやすく、腫れやすいので14Gよりも16Gのほうがおすすめですので、ファーストピアスも16Gを用意しましょう。

ただ、トラガスの突起がしっかりとあり、面積が広い場合には14Gでも問題ありません。

ファーストピアスを入れやすいからという理由で14Gのニードルで開けて、16Gのピアスを入れるのをお薦めする意見がネットでは見られますが、出血が止まりにくいのであまりおすすめできません。

内径:8mm~10mm程度

腫れた場合のために余裕を持ったサイズにした方がいいですが、耳の内壁に当たると気になってしまうので、大きすぎないように気をつけましょう。

ボールサイズ:3mm~4mm程度

ボールサイズは大きすぎるとホールの負担になってしまうので、小さめを選ぶのがよいでしょう。

ファーストピアスにおすすめの商品

以上のことを踏まえて、おすすめの商品はコチラです。

サイズで迷ったら安いので両方買っておくのが無難だと思います!

16Gなら

14Gなら

このFrom da Phactoryは比較的新しいショップなんですが、ファーストピアスにピッタリなシンプルな軟骨用ピアスの品揃えが豊富で、何より激安です。

普通のショップの半額以下とかで買えるので僕も個人的によく利用しています。

あんまりデザインの凝ったのが無いので、そうゆうのは他のショップをおすすめしますが。

トラガスのおすすめなファーストピアスのまとめ

いかがだったでしょうか?

サイズは個人差があるのであくまで参考程度に、自分にピッタリなサイズを見つけてみてください。

トラガスの開け方は以下の記事を参考にしてください。