おすすめピアス

インダストリアルピアスにおすすめなファーストピアス【ゲージ/素材/サイズまで徹底解説】

投稿日:2018年4月20日 更新日:


インダストリアルは二つの穴をつなげる特殊なピアスです。

二つのホールに同時にピアスを通すためトラブルの起きやすさも2倍となり、ファーストピアスのサイズ選びを間違えると大変なことになります。

開けるホールの位置によってベストなファーストピアスは変わってきますが、最も一般的なインダストリアルにおすすめのファーストピアスを紹介します。

インダストリアルピアスにおすすめのファーストピアスの種類

インダストリアルピアスにおすすめのファーストピアスはインダストリアルバーベル(ロングストレートバーベル)です。

もはや名前にインダストリアルって入っちゃっていますね。

それもそのはず、様々なピアスの中でも、まっすぐなピアスでここまでの長さが必要な部位はインダストリアルくらいしか無いんです。

インダストリアルバーベルには、シンプルなストレートバーベルと以下のように様々なチャームの付いたものがあります。

多くのものは取り外しができるようになっているチャームがストレートバーベルに付いている状態になっています。

個性が出せたり、可愛かったりとデザイン付きのインダストリアルバーベルをファーストピアスに選びたくなるかもしれませんが、おすすめできません。

理由は2つあります。

ファーストピアスを付ける時に負担が増える

ホールを開けた後にファーストピアスを通しますが、ココでなるべくホールに負担をかけないことが後々のトラブルの可能性を低くする上で重要です。

ピアスを通した後にチャームをつけようとすると直接見えない耳での細かい作業のため変に引っ張ってしまったり、手間取って時間がかかったりとホールに負担をかけてしまいます。

開けた直後のホールは傷口です。

その傷口に金属の棒を突っ込んでグリグリやったらどうなるかは想像できるかと思うので、おすすめできません。

素人では滅菌が難しい

これはチャームの形状によりますが、複雑な形状の場合、消毒液に漬けてもちゃんと滅菌できない可能性があります。

しっかりと滅菌できないと感染の可能性がでてきてしまい、病院に行かなければならないほど化膿したりする可能性があります。

インダストリアルピアスにおすすめのファーストピアスの素材

ファーストピアス向けの素材
ニードルで開けた傷口に直接ピアスが触れるため、普段金属アレルギーがでない人でも注意が必要です。

以下の表を見てもらうとわかるように、金属アレルギーが出やすい金属とそうでない金属があります。

チタンとサージカルステンレス(316Lという種類のステンレス)が金属アレルギーが出にくいと言われています。

チタンは非常に硬いため、加工がしづらく、そのため価格も固くなってしまうので、サージカルステンレスがおすすめです。

一般的な雑貨屋さんに売っているピアスだとニッケルやコバルトなど金属アレルギー反応やかぶれが起きやすい金属を使っているので、ちゃんとファーストピアス用のピアスを付けるようにしましょう。

ただ、チタンやサージカルステンレスでも絶対に金属アレルギーがでないことを保証するものではないので、体調や個人差によって金属アレルギーがでてしまう可能性はあるので、もしそうなったらすぐに使用を中止しましょう。

ちなみにですが、樹脂やシリコン、プラスチックなどは雑菌が繁殖しやすいため、ファーストピアスには絶対に使用しないようにしましょう。

インダストリアルピアスにおすすめのファーストピアスのサイズ

ノギス
軟骨ピアスは腫れることを前提にシャフトが長めのピアスを選ぶことが重要です!

ゲージ:開けたホールのゲージに揃える

インダストリアルは14Gが一般的ですが、16Gで開けた場合は16Gを選びましょう。

ホールを開けたゲージとピアスのゲージが異なるとホールに負担がかかったり、出血が止まらなかったりのトラブルが起こりやすいので注意しましょう。

シャフトの長さ:ホールとホールまでの長さから+3mm程度

まず、自分のホールとホールの長さを測り、それよりも+3mm程度で選ぶと良いでしょう。

ただし、インダストリアルバーベルは殆どの場合、35mm、40mm、45mmなど5mm単位でのサイズ展開があるので、微妙であれば少し長めをおすすめします。

ホール2つが同時に腫れるとかなり余裕がないと厳しいので、ぴったりサイズよりも余裕をもったサイズが良いでしょう。

ボールサイズ:4mm~5mm程度

ボールサイズは大きすぎるとホールの負担になってしまいますが、小さすぎると腫れた時に埋もれてしまうので4mm~5mm程度がおすすめです。

ファーストピアスにおすすめの商品

サイズ(特にシャフトの長さ)を間違えるとインダストリアルは本当に地獄なので、しっかりと自分のホールとの距離をしっかりと測るようにしましょう。

一例として、おすすめのインダストリアルバーベルはこちら。

このFrom da Phactoryは比較的新しいショップなんですが、ファーストピアスにピッタリなシンプルな軟骨用ピアスの品揃えが豊富で、何より激安です。

普通のショップの半額以下とかで買えるので僕も個人的によく利用しています。

あんまりデザインの凝ったのが無いので、そうゆうのは他のショップをおすすめしますが。

インダストリアルピアスのおすすめなファーストピアスのまとめ

サイズは個人差があるのであくまで参考程度に、自分にピッタリなサイズを見つけてみてください。

インダストリアルピアスの開け方は以下の記事を参考にしてください。

インダストリアルってどんな感じなのかな?という人はコーディネートをまとめたので参考にしてみてください。

ピアスの開け方関連記事

おすすめのピアス関連商品

ピアッサーよりも痛くなく、ホールの安定も早いニードルはネットの限られたショップでしか購入できないので、軟骨ピアス用とファッションピアス用を紹介しますね。
◆軟骨ピアス用
◆ファッションピアス用

スポンサーリンク


-おすすめピアス
-

関連記事

本当に危険?お医者さんが答えるファーストピアスに透明ピアスを使う方法

ピアスは開けたいけど、ホールは隠したい!目立たせたくない!という方は多いと思います。 そんな人にとっては是非とも透明ピアスをファーストピアスに選びたいところですよね。 でも、ネットで調べてみると 「透 …

トラガスのおすすめなファーストピアス【ゲージ/素材/サイズまで徹底解説】

https://colorful-instagram.com/ 芸能人やモデルにも愛用者が多いトラガスはヘリックスと並んで人気な軟骨ピアスです。 街中でも見かけることが増えてきたトラガスですが、軟骨ピ …

アウターコンクにおすすめなファーストピアス【ゲージ/素材/サイズまで徹底解説】

http://www.piercemeup.com/ アウターコンクはヘリックス、虎がスに次いで人気のある軟骨ピアスで、耳上部の平らな部分につける軟骨ピアスです。 軟骨ピアスの中でも比較的スペースが広 …

ヘリックスピアスコーディネート

ヘリックスにおすすめなファーストピアス【ゲージ/素材/サイズまで徹底解説】

http://www.piercemeup.com/ ヘリックスは軟骨ピアスでも最も人気の部位で、街中でもたくさん見かけるようになりました。 そこまで難しい部位ではないので、セルフで開ける人も多いと思 …

ヘリックスピアスコーディネート

フォワードヘリックスにおすすめなファーストピアス【ゲージ/素材/サイズまで徹底解説】

https://twitter.com/ フォワードヘリックスは日本ではまだまだマイナーな軟骨ピアスですが、トラガスとともに、耳の内側につける軟骨ピアスとして海外では非常に人気があります。 一つから複 …