アウターコンクの開け方・痛み・アフターケア 【自分で軟骨ピアス】


アウターコンクという名前は馴染みがない人も多いかもしれませんが、耳上部のヘリックスよりも少し内側の平らな部分に開けるピアスのことを言います。

知り合いの美容整形外科に聞いたところ、アウターコンクヘリックス・トラガスについで3番目に人気のある軟骨ピアスとのことです。

“コンク”という名前がついているので、インナーコンクと似た位置と思う人が多いのですが、実際は耳上部に開けるヘリックスととても近い部位です。

コンクとはほら貝のことで、耳を渦巻いている貝に例えていて、耳の一番内側だから”インナー(innter)”で、少し外側だから”アウター(outer)”という名前が付いています。

初心者の方はまず、以下の記事で軟骨ピアスの基礎知識を得てからが続きをご覧ください。

アウターコンクを開けてみよう!

人気のある軟骨ピアスであるヘリックスやトラガス、イヤーロブ(耳たぶ)は耳の外側に開けるピアスですが、アウターコンクは内側に開けるピアスなので、一味違った印象を与えることができます。

また、ヘリックスと同様に髪の毛で隠しやすい位置なので、意外かもしれませんが学生にも隠れて開けている人が多い部位です。

病院でアウターコンクを開ける場合

病院でボディピアスを開ける
アウターコンクはヘリックスに近い部位なので、痛みや難易度も似ており、痛みは軟骨ピアスの中ではそれほど強くなく、難易度も低いため自分で開ける人も多いです。

ただ、どれだけ慎重にやったとしても軟骨ピアスは腫れる可能性は高いので心配な方は病院で開けるようにしましょう。

病院を選ぶ


アウターコンクはヘリックスやトラガスと比べると開ける人が少ないため、病院のホームページなどには対応しているかどうかの記載をしていない場合が多いので、電話で事前に確認しましょう。

ホールを開ける位置を説明したい場合は耳上部のヘリックスを少し耳の内側に開けたい。と伝えれば良いでしょう。

正直ヘリックスとの境目があまり無く、比較的簡単な部位なので、ホームページに対応していると記載がなくても対応してもらえることが多いみたいです。

病院選びで絶対に知っておいて欲しいことをまとめたので事前に確認しておいてください。

病院で開ける際の相場

病院でボディピアスを開けると高い
ヘリックスやトラガスと同じく9,000円~10,000円程度で開けれる病院がほとんどです(初診料などを含まない)。

病院のホームページに記載がないことも多いので、必ず事前に病院に確認するようにしましょう。

セルフピアッシングでアウターコンクを開ける場合

ホール完成まで:3ヶ月〜半年
難易度:★★☆☆☆
痛み:★★☆☆☆

アウターコンクは軟骨ピアスの中では比較的開けやすく、痛みもそこまでではありません。

しかし、自分で開ける前に必ずリスクがあることを理解し、最低限の知識を以下の記事で確認しておいてください。

ニードルで開ける事前準備

◆必要なもの
  • ニードル14G~16G
  • ニードルと同じゲージのピアス(シャフトの長さ8mm程度)
  • スキンマーカー(ピアス専用あるいは顔料インクのペンでも良い)
  • 消毒液(薬局などで売っている市販のもので良い)
  • 清潔なコットン(綿棒などでも良い)
  • 抗生物質入り軟膏
  • 消しゴムかコルク
  • 清潔な小さい器
◆ニードルの入手方法

ピアッサーはドン・キホーテなどでも売っていますが、ニードルは店舗では販売しておらず、ネット通販で購入する必要があります。

しかも、楽天などではなぜか販売が無く、ヤフーショッピングかアマゾンくらいでしか売っていないので注意が必要です。

ただし、アマゾンは不定期販売のようで、夜から朝にかけてのほうが販売している可能性が高いです。

ネット通販と聞くとクレジットカードが必要と思うかもしれませんが、コンビニ払いなどがあるので購入は可能です!

ニードルで開ける手順

1, しっかりと手を洗う

石鹸などでしっかりと手を洗いましょう。

2, ニードルやピアス、消しゴムを消毒する

滅菌済のニードルで無ければ清潔な小さい器に市販の消毒液を入れて、ニードルとファーストピアス、消しゴムを漬けておきましょう。

3, 消毒液を開けたい部位に塗る

コットンや綿棒に消毒液をつけ、表と裏の両方を丁寧に消毒しましょう。消毒した後はむやみに開ける部位を触らないようにしましょう。

4, ニードルで開けたい部位にスキンマーカーで印をつける

アウターコンクは耳上部の平らな部分に開けるピアスなので自由度が高く、どこにホールを開けるか迷ってしまいますよね。

複数のホールを開けることも可能なので、まずはどういったコーディネートにしたいかのイメージを固めてからマーキングするようにしましょう!

一番スタンダードな位置はこちらを参考にしてみてください。

5, ニードルを使ってホールを開ける

◆ニードルに軟膏を付ける
ニードルの滑りを良くするために、ニードルの尖っている側を軟膏の容器に入れる形で軟膏を塗っておきましょう。

◆消しゴムを裏側にあてる
力を込めた時に耳が動いてしまうのを避けるために、耳自体を支えるように安定した状態で裏から消しゴムをあてましょう。

◆ニードルを刺す

耳とニードルを垂直にして、一気に貫通させます。

貫通したら消しゴムを外し、そのまま数分落ち着かせます。

6, ニードルの端にファーストピアスを当てて徐々にニードルを抜く

ニードルの穴が空いた尖っていない部分にファーストピアスの端をあてつつ徐々に抜いていき、ニードルを抜くと同時にピアスをホールに入れ、キャッチをつけて完了です。

アウターコンクのアフターケア


アウターコンクは比較的引っ掛けたりしにくい部位ですので、トラブルが少ないですが、少なくとも2ヶ月程度は毎日洗浄するようにしましょう。

1, 40度くらいのお湯で患部を洗い流します。
2, 市販のハンドソープを泡立てて患部を包むようにします。
┗患部をあまり刺激しないでください。
3, その状態で数分放置します。

・・・・最初の2~3日間、痛みがある場合はココまで・・・・

4, ピアスをゆっくりと前後に動かしてホールの内部まで洗います。
5, 数回繰り返したら、同じく前後に動かしながら泡を洗い流します。
┗石鹸が残らないよう念入りに。
6, ティッシュや清潔なコットンなどで水気をしっかりと拭き取ります。

以上の洗浄を朝晩、一日二回行ってください。

※ハンドソープは市販のもので構いませんが、肌が弱い場合は低刺激のものにするといいでしょう。

アウターコンクを開ける痛み


アウターコンクは軟骨ピアスの中では痛みが少ないと言われていますが、かなり個人差があります。

というのも、ヘリックスと近い位置にホールを開けるか、少し中心よりに開けるかで軟骨の厚みがかなり変わってくるため、中心に近づくと痛くなる傾向があります。

さらに、アウターコンク部分の軟骨の厚みは個人差があるため人によって痛いという人もいれば、耳たぶと同じくらいという意見の人もいるというわけです。

アウターコンクにおすすめのファーストピアスの種類

アウターコンクは比較的トラブルが少ない部位ですが、それでも慎重にファーストピアスを選ぶ必要があります。

詳しくはこの記事で紹介しているので見てみてください。

結論から言えばストレートバーベルの14G、シャフト8mm、ボール4mmのこのタイプです。

ただし、耳のサイズや形状は個人差があるので、あくまでも参考程度にしてください。

アウターコンクの開け方、痛み、アフターケアのまとめ

耳の内側に開けるピアスは、ロックやダイス、インナーコンクと色々ありますが、どれも痛みが強く、開ける難易度も高いです。

そんな中でアウターコンクは耳の内側であるにもかかわらず、痛みも少なく、難易度も低いため、外側だけのピアスに飽きた初心者の方にもぜひおすすめです!

他の部位の開け方